映画、『少年 H 』観られましたか?

0

     本日も高倉太郎による高倉太郎的ココロ
    『陽転思考ワクワク先生おもしろ授業』ブログ編
     開いて下さって誠にありがとうございます。



    いやーー

    昨日は、事務所のある宗像市から、筑紫野市の自宅まで、普段(JR快速電車にて)は、1時間半もあれば
    帰って来れるんですが、
    昨日は、四時間近くかかりました。

    台風15号の接近による豪雨の影響で、
    JRのダイヤが大幅に乱れ・・・

    まぁ、帰って来れただけで、ラッキー!
    って、ことで。




    で、まず、お知らせから。


    一昨日の『 fitty Japan ワクワク会議 』にて、
    来る9月28日29日に行います、
    仙酔島での『 第二回 陽転思考ワクワク大学 』の
    細かいタイムスケジュールが決まりましたので
    今朝はまずそのお知らせから〜



    【9月28日(土)】

    13 : 00〜 仙酔島 船着場に集合

    13 : 15〜 受付・チェックイン

    13 : 30〜【1時限目】神と宇宙の心理学

    15 : 15〜【2時限目】笑いの運動学

    16 : 30〜【3時限目】大人の保健体育

    18 : 30〜【4時限目】太郎流宴会学

    21 : 00〜【5時限目】補習の時間 ワクワク夜学




    【9月29日(日)】

    8:00〜【6時限目】感謝と祈りの授業 ワクワク朝食

    9:00〜【7時限目】神と宇宙の心理学 その弐 ※水着もしくは濡れてもよい洋服をご準備ください

    12:30〜【8時限目】ホームルーム ワクワク食(各自ご負担となります)

    14:00〜 【解 散】

    14:00〜 【放課後】各自でワクワク江戸風呂や島の探索をお楽しみいただきます。






    第ー回は・・・
    仙酔島 花火大会に併せて開校
    させていただきましたが、その、年に一度の
    花火大会以上の価値ある、凄い内容となってます。

    9月上旬には、高倉太郎オフシャルウェヴサイトより
    メールにてお申し込み出来るよう、ただ今最終作業、最終打ち合わせ等えお行っております。

    9月28日29日は
    仙酔島へ、レッツラGOーーー!




    さて、
    8月も今日と明日の2日を残すこととなりました。

    僕はこの8月、三本の映画を愉しみました。



    『風たちぬ』




    『ローン・レンジャー』



    そして

    『少年 H 』


    『風たちぬ』は 泣きました。


    『ローン・レンジャー』は多いに笑い、ちょろっと泣 いて、映画そのおもを愉しみました。


    『少年 H 』は、
    最初から、最後まで、
    最後の最後の最後まで、
    ずっと考えさせられる映画でした。


    映画は、
    それぞれ観る者の感じ方、心の持ち方
    違うので、

    また、僕は映画評論家でもありませんので、

    あえて、ここでは、この8月に観た映画の感想は
    申し上げません。


    ただ、『少年 H 』を観て以来、
    僕、やたら、
    この時代を生き抜いた
    天国の父や母、またおじいちゃん、おばあちゃん、のことを、考えるようになったんです。


    『少年 H 』の、主人公の『はじめ君』は
    昭和七年生まれ・・・


    僕のお父さんは昭和六年生まれ・・・


    僕は、
    『少年 H 』の映画の中に入り込みました。

    それは、『はじめ君』が父と年が変わらないことから
    この映画、
    僕、父の視点で、観てまして。



    でー
    『少年 H 』観て、
    仏壇の下に置いてた『父のかたみ』、古いアルバムを
    引っ張り出しては、父、そして、祖父や祖母の
    写真を観ては、僕も戦前・戦後の世界へ、
    タイムマシーンに乗って行ってます。


    これがその古いアルバムです。



    この三冊の、アルバムには、
    父が生まれた、昭和六年から
    僕が生まれる数年前までの
    父の生い立ちが残されてます。

    まさに、戦前、戦後
    僕のお父さんがどのように生きて来たか、、、

    僕にとって、凄く貴重な、また凄く大切な
    『宝物』です。



    僕の、おじいちゃん。


    おじいちゃんが、53歳
    今の僕とひとつしか変わりません。


    横は、おばあちゃん、
    記しによると、この時
    おばあちゃんが37歳
    まだ、父は生まれてません。



    僕にそっくりなおばあちゃん、
    高倉操さん 37歳




    父、誕生。

    昭和七年、八月
    高倉家 記念写真。

    父、一歳、
    叔父さん、三歳

    じいちゃん56歳、ばあちゃん41歳




    昭和七年、八年です。


    真ん中の、三輪車は叔父さん三歳

    上と下、
    大きなよだれ掛け下げてるのが、
    父、一歳。



    まだ、この家族も
    まさか、この先
    戦争が始まるなんて
    知る余地もありません。



    そして、
    昭和十八年三月


    『国民學校卒業記念』の写真です。



    一番上の段の、左から二番目に、父、発見!



    これらの写真を見ると、
    『少年 H 』のシーンを、思い出さされます。



    あの映画は
    僕が知らなかった、
    父や母
    祖父母が生きて、
    また
    生き抜いた日本が
    どんな日本だったかを
    教えてくれました。

    またその時代を過ごされた方々の
    精神状態をも
    知ることが出来ました。


    この気付きは
    僕にとって、
    とても大事な気付きです。



    ーーーーーーーーーーー



    そして、戦後七年がたち、英霊の皆様方のおかげにより我が国は、めざましいまでの復興と奇跡とも言える経済成長、そして自由と平和を取り戻し・・・



    昭和27年春、
    学問が大好きな父は、


    めでたく山口大学へと入学したのであります。








    一方、
    同年代の太郎は、、、、と言うと





    『少年 T 』その壱


    『少年 T 』その弍


    『少年 T 』その参




    おいおい、

    いくら時代の流れとはいえ、
    少しは慎めよーーー


    天国のお父さん、
    天国のお母さん
    ご先祖の皆々様
    失礼いたしました、

    お許し下さい。




         『陽転思考ワクワク高倉太郎』









    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM