再投稿 神さま どうか お願いします。

0

    本日も高倉太郎による、高倉太郎的ココロ、
    「陽転思考のワクワク先生おもしろ授業」ブログ編を開いて下さって誠にありがとうございます。

    このブログは
    今年の9月13日にアップさせていただいたものです。


    この出来事が
    これまでの人生の中で
    最も嬉しかった出来事です。


    いつでも
    どこでも
    どんなな時でも

    これまでの人生で
    最も嬉しかったこと
    思い出すって大切なんだってこと
    僕、オートマチックセミナーにて
    語らせていただいてます。



    では
    僕にとって
    これまでの人生で
    最も嬉しかった出来事に
    良かったら
    もう一度お付き合い下さい。

    ーーーーーーーーー



    ーーーーーーーーーーーー



    エッ?

    ウソだろ!!

    「神様、そう来ましたか!」



    まさか、こんな事が、、、、
    ツイてる僕に起きるなんて?!

    強運な僕に、こんな事が、、、、


    今日は待ちに待った
    娘の音楽コンクール。


    家を8時前に出て、
    向かうは鹿児島

    そう、会場は鹿児島 、
    鹿児島市民文化ホール。


    大分県コンクールで金賞を受賞した娘たちの学校の
    その美しいだろう歌声聴きたさに
    親バカものの僕
    この日を愉しみに愉しみにしてました。


    ここ数日、あちらこちら移動しまくってた僕が、今回の鹿児島行きの手段で選んだの「西鉄高速バス 桜島号」。


    普段は、「新幹線」を利用してます。

    「新幹線」だと鹿児島まで約80分

    まぁ今回は急いで行くこともないし
    のんびり景色でも眺めながら、
    恋しい娘に逢えるののワクワク感を高めるため、3時間50分かけて
    「高速バス」での旅を選んだんです。

    家を8時前に出て
    鹿児島には13時半着予定。


    娘の高校の出番(本番)は14時50分。

    ステージに立つ前の娘にも逢って
    一言声をかけてあげたい

    そう僕は、その1時間以上前には鹿児島中央駅に到着するバスに博多駅より乗り込みました。


    珍事は乗り込んですぐに起きたのです。

    運転手さんの社内アナウンスに
    僕は耳を疑いました。

    「先程、八女付近にて事故が起き、
    現在付近は通行止めとなってます。
    したがって、広川より一般道へ降り
    迂回しますので、鹿児島到着は二時間以上の遅れが予測されます。
    お急ぎのところ、恐れ入りますが・・・」


    エッ?マジ?

    ににに二時間?!

    それじゃぁ、終わってるよーーーー



    バスが郊外を抜け、高速道路に入るやいなや大渋滞に巻き込まれました。



    娘の出番は14時50分


    このままだと
    鹿児島中央駅到着は15時半過ぎ・・・


    そんなこと
    起きてたたまるか?


    僕は娘と約束してるんです。


    娘はステージの上から
    必ず僕を探します。

    いつでもそうでした。

    「お父さん、目立つもん どこにいるかすーぐ解るよ」。

    「それとお父さん、泣きすぎ(笑)」






    僕は祈る思いで
    ネットの高速道路交通情報と睨めっこ。


    通行止めになるくらいの大きな事故なので・・・
    きっとケガ人も・・・

    事故を起こされた方の安否も大変気になります。

    大ケガだけでなく

    ひょっとしたら、、命も、、

    だって、2時間以上通行止めにして
    事故処理するくらいの事故なんです。




    それに比べたら、
    仮に間に合わなくても
    安全に鹿児島に着け、
    娘の顔見れさえするだけでも
    幸せじゃん


    「ひなた ごめんよ お父さん 間に合わないかも・・・」

    「いや、間に合う!」

    「早く、早く、通行止め解除になってくれ」



    「奇跡は起きる!」

    「奇跡をおこせ!」



    熊本を通り過ぎたくらいでまた運転手さんの車内アナウンスが。

    「ただいま、北熊本を55分遅れで走行しています。」

    そんなー
    55分でもアウトだよーー


    途中のサービスエリアの休憩中に
    僕は尋ねました。

    「運転手さん、遅れは取り戻せますか?」

    「そうですねー取り戻せても5分10分くらいですかねー」


    僕は、一瞬
    バスを選んだ後悔が現れようとしました。

    が、
    ダメダメ 後悔しちゃダメ

    僕は
    ツイてる!

    僕は
    強運!


    と繰り返し言い続けました。


    また、
    もし間に合わないとしたら
    これはどんな意味があるんだろう?

    この出来事を与え
    神様は僕に何を言おうとしてるんだろう?

    そんなこと考えたり、



    神さま、ご先祖さま、
    助けて下さい、
    どうか間に合いますように


    祈りながら・・・



    ひなたに逢わせて下さい
    そして
    ひなたの唄
    聴かせて下さい


    何度も何度もお願いしたり
    しかし
    その一方では、この出来事の意味を探してもいました。



    でも
    やっぱり
    祈り、願う方が勝ってました。



    もうハラハラドキドキで
    窓の景色なんて見てられません。


    さすがの陽転思考ワクワク太郎も
    陰転ソワソワ太郎になりかけたり・・・





    14時40分っ、
    鹿児島中央駅に到着しました。


    「うひょーあと10分!」

    高速バスを降りてすぐさまタクシーに飛び乗りました。

    「運転手さん、あと10分で娘がステージに立んですよ、すみませんが市民文化ホールに急いで下さい、お願いします。」

    「エッ10分で?」



    ネットで調べたら
    鹿児島中央駅から市民文化ホールまで
    タクシーで15分とありました。

    運転手さんも少し不安な顔。


    しかし運転手さん、
    かなりヤバイ運転してくれたり、
    裏道、抜け道、ぶっ飛ばしてくれました。



    途中、このタクシーの前を走る車がやけにノロノロに感じてなりません。
    「落ち着け、落ち着け、」


    やたら信号も赤に引っかかります。
    「大丈夫、大丈夫、」

    「あと5分」
    「いや、まだ5分あると思え」

    「運転手さん、まだ遠いんですか?」

    「あと2分」


    運転手さんは
    「その信号抜ければ、あとは真っ直ぐなんだけどねー」と。


    そして
    「市民文化ホール北口が便利だよ」と 北口で止まってくれたのが、
    なんと14時50分っ

    「神様あと30秒待ってー」
    「時間よ止まれーーーーーーー」


    僕はホールに入り
    階段駆け上がり
    チケットも買わず
    入り口の方の静止も聞かず
    扉が閉まる瞬間
    会場内に飛び込みました。


    僕が会場に入った瞬間に扉は閉められ




    「次は、プログラム12番 大分県立日田高校」

    「間に合った!」
    「神様ー神様ー」
    「ありがとうございます。ありがとう ございます。本当に本当にありがとうございます。」



    もう奇跡の瞬間です。

    涙が溢れ大変なことに。


    祈りは天に届きました。

    願いは神様通じました。

    ステージの壇上に整列し
    前を向いた娘と僕、目と目が合いました。(娘は笑目 僕は涙目)


    やはり娘はすぐに僕を見つけてくれたんです。

    にっこり微笑み歌い出す娘。


    課題曲と自由曲
    素晴らしい唄声で
    堂々と
    そして美しく
    また愉しそうに
    唄ってます。



    それはそれは
    美しい声で
    歌ってくれてます。


    課題曲も素晴らしいし

    自由曲は「涙」をモチーフとしたもので、もう泣きじゃくる僕にはヤバすぎでした。




    家の玄関を出て、7時間が経ってましたが、その7時間が消えました。




    感動と感激とそして感謝。


    8分間の熱唱の間
    僕はずっと大粒の涙がボロボロと。




    あーー
    しかし、こんなことがあるなんて。


    バスの運転手さんも
    「こんなに天気がいい日にしかも朝から通行止めなんて普通は起きないね」
    って言われてました。

    タクシーの運転手さんは
    「まるでカーチェイスだよっ」。


    娘の唄が終わり
    改めてチケットを買いに行くと
    「間に合わないましたか?
    凄い勢いで飛び込んで見えたので
    みんなびっくりしてたんですよ(笑)
    お嬢様ですか?」って。



    桜島も笑ってます。



    この樹も笑ってます。



    終わってから いつもの
    のんびり が戻って来ました。


    ここを
    ロケットのように飛び込んだんです。






    オブジェたちも
    何だか

    良かったねー

    って言ってくれてるみたい。


    そして
    娘とやっと再会です。






    先生シャッターを押してくれました。

    お友達(部員さん)も照れ臭そうに
    祝福してくれました。


    この記念撮影のあと
    娘とは別れ、別々に帰宅です。



    鹿児島市内には路面電車が走ります。

    素晴らしいですよね。

    線路には芝生が。



    道路沿いの植木に水を与えるお兄さん


    夕陽と観覧車が
    僕に
    今度もまた
    高速バスで鹿児島においでねー

    このあと
    帰りもいいことあるかもよーー

    だって。








    そしたらーーーーーー

    またまた奇跡がーーーー

    マジーーーー




    途中の休憩のサービスエリアで

    娘たちと遭遇です

    娘の友達からも
    「奇跡だ奇跡だ」コールが。










    次逢えるのは
    年末か
    年明けかなぁー







    わずか8分間ではありましたが、
    鹿児島まで行って本当良かったです。

    しかも
    ハラハラドキドキしながらで・・・
    生涯に残る一日となりました。


    何事も
    最後まで
    諦めちゃダメですねー

    祈ること
    願うことも
    時には
    大切だってこと
    教えてくれた
    娘です。




    2日続けて
    親バカものに
    お付き合い下さって誠にありがとうございました。


    るん♪
    ーーーーーーーー

    以上、今朝は
    以前にアップさせていただいたブログ
    の再投稿でした。

    何度もお付き合いいただき
    ありがとうございました。



    「陽転思考のワクワク高倉太郎」





    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM