第六十二回神宮式年遷宮記念『お白石奉献車』GET!

0


     本日も高倉太郎による高倉太郎的ココロ、
    『陽転思考のワクワク先生おもしろ授業』ブログ編
     開いて下さって誠にありがとうございます。

    昨日まで、
    五日間かけて、出雲ワクワク合宿について書かせて
    いただきましたが、、、

    8月5日夕方、出雲に入り、
    ホテルにチェックインした直後の感動話を
    今朝はお届けしますね。


    8月4日、お昼、伊勢修養団に入り、
    その日は1日、伊勢修養団特別講習会(勉強会)

    そして翌5日、伊勢修養団特別講習会第三期150名の皆さんと、
    『第六十二回神宮式年遷宮お白石持ち行事』に参加させていただいたことについては、もうこのブログでも
    書かせていただきましたが・・・

    写真をお見せしながら
    少し復習します。



    これが、この記念行事でシャッター押せた
    最後の写真です。



    順番から行くと、
    まず、朝早く、白装束の姿で集合します。



    そして150名揃って
    いざ、出陣!

    若干ひとり
    カメラ目線。





    おかげ横丁の駐車場には
    全国から集まられた『神領民』、千名以上。

    コレにはビックリ!


    さぁいよいよ『白石奉献車』の手綱を引きに向かいます。

    途中、ハート型のの石垣発見!

    ツイてる!



    そして『お白石奉献車』のそばへ来ました。
    これが、20年に一度動く『お白石奉献車』です。


    写真で見るとこうです。


    実物と
    人が集まると





    これを
    千名以上の方と
    一緒に引きます。四列になって。









    この車を引っ張る白い綱は
    ここゴール(神宮入口 一の鳥居の前)で
    巻かれます。




    引き手の『神領民』は手ぶらで神宮へ。


    前日の『お白石奉献車』にて運ばれた『お白石』が
    ここで配られます。



    僕が選んだ『お白石』はコレ。




    そして、何千名もの方が、
    白い布に包んだ『お白石』を大事に手にし、
    本殿へ、本殿へと進みます。
















    でー写真撮影はここまで。



    日本国民の内、
    20万人が伊勢神宮『神領民』として
    20年に一度のこの行事に参加出来るそうです。

    そのうち六〜七割が地元の方、
    残りの約三割の方が、全国各地の方だとか。




    さて、
    話は、
    出雲のホテルにチェックインした直後の感動の話に
    移ります。

    伊勢での行事が終わった時
    少し大きめの紙袋をいただいたんです。
    何やら『参加記念の品』のようです。


    いただいたすぐには広げず、
    その『参加記念の品』
    包みをとり、箱を開けて、
    中身を見てビックリ!チョービックリ!



    箱の中に入ってたもの、
    ナナナナナなんとコレです!





















    オルゴールにもなってます。

    本当に嬉しいです。

    凄いものいただいちゃいました。


    夏の暑いある日の思いでの品
    本当に本当に嬉しいです。



    これ見てたら、
    20年後も絶対に参加しようと決意できます。


    次回は僕が72歳の時です。

    皆さんも
    ご一緒しませんかーーー




    るん♪



         陽転思考ワクワク高倉太郎







    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM