出雲 癒しの旅、その弍  出雲日御碕神社 大例祭

0



     本日も高倉太郎による高倉太郎的ココロ
    『陽転思考ワクワク先生おもしろ授業』ブログ偏を
     開いて下さって誠にありがとうございます。


    8月7日は
    出雲日御碕神社にて、年に一度の『大例祭』




    僕は
    今年の2月5日
    日御碕姉妹に連れられ
    初めてこの神社に来ました。

    その時、一番に目に入ったのが

    これ。


    そして、

    『へー8月7日がお祭りかーー、来たいなーー』

    大例祭とはいったい何か、
    どんな祭りがあるのか、
    そんなことすらしらず、
    ただただ『8月7日、また来たいなーー』

    って、感じました。


    その後、スサノオさまから、メッセージが降りはじめたんですが、どうもこの2月5日を境に
    やたら出雲に、日御碕に、ご縁が深くなりだしたんです。


    日御碕神社、

    上と下に本堂がありまして、
    上の本堂を『神の宮』といいスサノオさまをお祀りし
    下の本堂を『日沈宮』といいアマデラスさまをお祀りしています。


    大例祭は
    下の宮『日沈宮』で行われました。


    全国から沢山の神社さんがお集まりになられ、
    本堂は、白装束やスーツ姿の方でギューギューです。





    それが・・・・
    この時、僕らをビックリさせる、
    考えられないことが、目の前でおきたのです!



    これ、
    何って、意味か解りますか?



    神様を、下の宮に呼んでますよ


    って意味なんです。

    どう言うことかと、
    説明いしますと。

    この神様って、スサノオさまのこと。


    スサノオさまを
    今日は下の宮、アマデラスさまのそばに呼んでますよ
    、って、意味なんです。


    通常の『大例祭』では
    スサノオさまを下の宮に呼ぶことはないそうです。


    しかし、今年に限り、上の宮・本堂が修復工事中だからと、工事中のお社から、下の宮のお祭りを、
    お見せするわけはにはいかないと、
    そんなことから、今年に限りスサノオさまを
    アマデラスさまのそばに、お寄せになられたそうです。

    前日のセミナーにて、
    僕が声を大にして、


    スサノオさまとアマデラスさまが仲良くなられ、
    お二人が寄り添うことが、今の日本に最も大切なんだ

    この掛軸のように・・・
    (話、一部省略)



    この掛軸は
    日御碕神社にて売られてます。


    スサノオさまとアマデラスさまが仲良くツーショット。

    僕は感じてるんです。

    いや、
    スサノオさまから、
    このことを広めて欲しいと
    何度もメッセージが降りてくるんです。


    そしたら、、、、

    僕のセミナーの翌日

    8月7日の七夕

    彦星と織姫が出会うかのように

    スサノオさまとアマデラスさまが
    二人並ばれるだなんて。


    そんな奇跡の日に
    僕や、セミナー参加者、
    この場にいれるなんて



    ーーー


    そして、僕らは、俗に言う
    スサノオさまのお墓・・・
    に行きました。








    ここもなかなか知られてない、キョーレツなパワースポットなんです。

    僕は、日御碕に帰った時は、
    必ず、ここ、スサノオさまのお墓参りをさせて頂きます。

    みんな手をかざしてが、
    そのパワー、エネルギーの凄さを
    喜んでました。



    ここでまたも奇跡体験が!


    スサノオさまのお墓の入口付近に
    見たことのない綺麗な鳥が飛んできたんです。

    ひとりの女性が
    『あら、こんにちは』って、
    飛んできたその美しい鳥に声をかけると、
    その鳥はしばらく僕らそばに。


    後から解ったことなんですが、
    その鳥の名前は『ヤツガシラ』といい
    それはそれは珍しい鳥で、普通見ることにのできない
    日御碕に生息する野鳥だそうです。


    これは写真を写したものですが・・


    これが飛んできたんですよ

    もうそれはそれはみんな大喜び

    だって、凄く珍しい鳥らしいんですからーーー




    あと
    日御碕の沖合いには、
    海底深くに
    海底都市の跡があるらしいです。

    地元ダイバーたち、
    その海底から
    勾玉が出て来ないだろうかと

    ワクワク潜水
    してるようです。



    おっと、Kさん、キャンペーンガールみたい。














    日御碕の歴史女M

    日御碕のことなら、おてんば M さんに聞け!



    では、
    最後に
    美しい日御碕の景色をご覧ください。











         陽転思考ワクワク高倉太郎










    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM